平成29年度 活動実績

受入実績

高校修学旅行生の農村ホームステイ受入

 期間受入生徒人数
第1回6月20日~  6月21日(1泊2日)大阪府立今宮高校16名
第2回10月 4日~ 10月 5日(1泊2日)大阪府立生野高校18名
第3回10月18日~ 10月19日(1泊2日)大阪府立牧野高校18名
宿泊受入11家庭
 NPO法人「食の絆を育む会」と連携し、大阪府の高校修学旅行生の農村ホームステイを行いました。春の受入ではかぼちゃの苗植えや牛のえさ押し・搾乳、秋の受入では馬の世話やかぼちゃの収穫などを体験しました。ホームステイをした生徒たちからは「野菜1つにしてもたくさんのこだわりや工夫があって、簡単そうに見えても難しいことが多かった」との感想がありました。

派遣実績

期間7月31日~8月 3日(3泊4日)
派遣児童町内の小学6年生 15名
派遣先東京都台東区および近郊
 平成29年3月から「特定分野の連携協定」結んでいる台東区へ、町内児童15名を派遣しました。子どもたちは浅草寺の見学やちょうちん作りを体験したほか、東京都内での自主研修を行いました。また、東京都台東区立忍岡小学校を訪問し、忍岡小学校の児童16名とお互いの町・区の紹介をしました。
 研修の最後には服部台東区長と矢下教育長を訪問するなど、両自治体の更なる交流につながりました。

日帰り農業体験

日程9月19日
参加児童鹿追小学校3年生 37名
体験場所カントリーファーマーズ 藤田牧場
 町内児童を対象とした日帰り農業体験を実施しました。鹿追小学校の3年生が、牛舎の見学や搾乳体験を行いました。子牛が指を吸う強さに驚いたり、「牛のえさがチョコレートのようなにおいがする」と感想を持つなど、たくさんの発見をしていました。子どもたちにとって、酪農を身近に学べる貴重な経験になりました。

町内児童自然体験

期間3月24日~3月25日(1泊2日)
参加者町内小学生 7名
体験場所ジオパークビジターセンター、ピュアモルトクラブハウス
共催とかち鹿追ジオパーク推進協議会
 ジオパークビジターセンターで、鹿追の大地の成り立ちを学習したあと、帯広測候所職員から鹿追で起こりうる災害についての知識や対処方法の講習を受けました。その後、ピュアモルトクラブハウスにて、防災備蓄米の試食や身近なもので防災グッズを作成、東日本大震災を題材にした絵本の読み聞かせをしました。翌日には、学習の成果を保護者に発表しました。
このページの情報に関するお問い合わせ先
企画財政課 企画係TEL:0156-66-4032FAX:0156-66-1020