鹿追町環境保全センターバイオガスプラント

見学・視察をご希望の方へ

バイオガスプラントとは

 バイオガスプラントは家畜ふん尿や生ゴミといった再生可能エネルギーの一つであるバイオマスを嫌気性の微生物が分解することで発生するバイオガスを製造・収集する施設です。バイオガスはメタン60%、二酸化炭素40%と水分、わずかな硫化水素を含んでいます。バイオガスは燃料として利用し、電気や温水、蒸気などの熱エネルギーを施設内で使用する他に、余剰分の電力は売電しています。

国内最大規模の資源循環型バイオガスプラント

環境に配慮した循環型農業の中心施設

バイオガス
【ポイント1】100kWと200kWのコージェネ発電機2基により発電、電気はプラント内で利用する他、余った電力は売電しています。

【ポイント2】メタン発酵後の消化液は良質な有機質肥料として町内の畑や牧草地に散布されます。

【ポイント3】ガス精製:バイオガスは精製圧縮することで、メタンガス用の燃焼機器が使用可能になり、用途が大きく広がります。鹿追町では温室ハウス、バイオマス自動車、一般ガス器具での使用を通して調査・研究を行っています。

【ポイント4】ハウス熱利用:ガス発電機のコージェネレーション及びガス温水ボイラーから得られた熱エネルギーを活用して冬期間の作物栽培試験を実施しています。
バイオガス

パンフレット

このページの情報に関するお問い合わせ先
農業振興課 環境保全センター係(環境保全センター)TEL:0156-66-4111