新型コロナウイルスワクチン接種について

保健福祉課

鹿追町では、新型コロナウイルスワクチン接種について、町民の皆様が安心して円滑に接種することができるよう準備を進めているところです。
ワクチン接種について、決まった情報につきましては、ホームページや広報紙などで、随時お知らせしていきます。

目次

新型コロナワクチンに関する情報について(外部サイト)

新型コロナワクチンに関する情報について、以下の各外部サイトよりご確認いただけます。

接種方法、対象者、スケジュール(予定)

ワクチンは、まず医療提供体制を守ること、また重症化リスクの高い方から接種することで重症者や死亡者を減らすことを目的に、以下の順番で接種することになっています。
ファイザー社製のワクチンの場合、16歳以上の方が対象です。16歳未満の方に対する有効性・安全性は明らかになっていません。
鹿追町における接種の対象者とスケジュール【案】
 対象者接種開始時期接種券(クーポン券)発送時期予約開始時期
集団接種個別接種
1新型コロナウイルス感染症患者等に頻繁に接する医療従事者等4月中旬以降所属の医療機関や各医療関係団体から予診票が配布されます。
2高齢者
※令和3年度中に65歳以上に達する方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)
・施設入所者 
・施設従事者
・要介護認定者
・その他
5月以降4月下旬予定
※ワクチン確保及び予約体制が確認され次第
 
その他の高齢者  5月以降4~5月予定 
※ワクチン確保及び予約体制が確認され次第
 
3基礎疾患を有する者令和3年度中に16歳~64歳に達する方(昭和32年4月2日~平成18年4月1日生まれの方)のうち、次の優先接種者
(1)基礎疾患を有する者(表1参照)
5月以降4~5月予定 
※ワクチン確保及び予約体制が確認され次第
  
4高齢者施設等の従事者
(高齢者と同時接種していない場合)
5月以降4~5月予定 
※ワクチン確保及び予約体制が確認され次第
  
5上記以外の方未定未定未定
※1:入院病床を有する医療機関については、各医療機関にお問い合わせください。
表1 65歳未満における優先接種の対象となる基礎疾患等
・慢性の呼吸器の病気
・慢性の心臓病(高血圧を含む)
・慢性の腎臓病
・慢性の肝臓病(肝硬変等)
・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
・血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
・免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性疾患を含む)
・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
・染色体異常
・重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
・睡眠時無呼吸症候群
・重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
・基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

接種方法(接種回数・間隔、接種費用、接種場所)

接種回数・間隔
1人2回接種
ファイザー社のワクチンの場合、18日以上の間隔、標準的には20日の間隔をおいて2回接種します。
1回目の接種から間隔が20日を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください。
前後に他の予防接種を行う場合においては、原則として13日以上の間隔をあけてください。
他の予防接種と同時に接種はしないでください。
1回目と2回目は必ず同じ種類のワクチンを接種してください。
接種費用
無料(全額公費でまかなわれます)
接種場所
指定医療機関(個別接種)

ファイザー社のワクチン接種が受けられない方

以下に該当すると思われる場合は、必ず接種前にかかりつけ医へご相談ください。
 1.明らかに発熱している方(※1)
 2.重い急性疾患にかかっている方
 3.本ワクチンの成分に対し重度の過敏症(※2)の既往歴がある方
 4.上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある方

 ※1:明らかな発熱とは通常37.5℃以上を指します。ただし、37.5℃を下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りではありません。
 ※2:アナフィラキシーショックや、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴(呼吸時にヒューヒュー、ゼーゼーなどと音がする)、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状。

ワクチン接種にあたって注意が必要となる方

以下に該当すると思われる場合は、必ず接種前の診察時に医師へ伝えてください。
 1.抗凝固療法を受けている方、血小板減少症または凝固障害のある方
 2.過去に免疫不全の診断を受けた方、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方
 3.心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害となどの基礎疾患のある方
 4.過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などアレルギーが疑われる症状が出た方
 5.過去にけいれんを起こしたことがある方
 6.本ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある方
 7.腎機能障害がある方
 8.肝機能障害がある方
 ※妊婦または妊娠している可能性がある方、授乳をされている方は、必ず接種前の診察時に医師へ伝えてください。

接種する際の同意

新型コロナワクチンの接種は、強制ではありません。
しっかりと副反応等の情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

接種券(クーポン券)の発送

自宅へワクチン接種券(クーポン券)を郵送します

65歳以上の高齢者は、ワクチンの確保及び予約体制が準備され次第、ワクチン接種券(クーポン券)をご自宅(住民票所在地)へ郵送します。接種開始日まで、大切に保管しておいてください。
なお、施設へ入所されている高齢者の方で、接種に同意される方については、入所先の施設へ送付いたします。
16歳以上64歳以下の方は、ワクチンの供給状況を踏まえ、準備が出来次第、順次発送します。
クーポン券には2回分の接種券がついています。2回目の接種が終わるまで大切に保管してください。

クーポン券に同封しているもの

 ・1回目の予診票
 ・新型コロナワクチン予防接種についての説明書
 ・新型コロナワクチン接種のお知らせ
 ・予約方法・日程表等の案内チラシ
 ・タクシー乗り合い券申請書(詳細については後日掲載します)

クーポン券の再発行等について

接種開始時期になってもクーポン券が届かない場合や、紛失した場合などはご連絡ください。
また、65歳以上の方で、住民票所在地以外への郵送をご希望の場合は、下記までご連絡ください。
 ※連絡先:鹿追町保健福祉課健康推進係 電話0156-66-1311

予約方法

予約はコールセンター・WEBで受け付けます(医療機関で予約は受け付けません)

クーポン券が届きましたら、同封の「新型コロナワクチン接種の予約方法・接種会場」及び「ワクチン接種可能な医療機関一覧」で、接種方法や接種場所について確認をお願いします。
現時点では、鹿追町専用コールセンターまたはWEBから予約をしていただく予定です。なお、医療機関で予約は受け付けませんので、ご留意ください。準備が出来次第、詳細をお知らせします。
治療中の病気の有無など一定の基準に該当する方は、予約・接種方法が異なる場合があります。必要な方には随時お知らせします。
ワクチン接種が可能な医療機関一覧
地区医療機関名住所電話番号かかりつけ患者以外の接種の相談
鹿追町 鹿追町国民健康保険病院鹿追町東町1丁目380156-66-2031未定
 みやざわ循環器・内科クリニック鹿追町新町1丁目8-10156-66-1213未定
予約・相談先
●鹿追町専用コールセンター(予約・相談ができます)
 電話番号: 0120-229902 (フリーダイヤル)
 受付時間: 月曜日~日曜日(8:00~20:00) ※祝日を含む
 ※クーポン券が届いてから予約を行なってください
具体的な接種場所や時期、予約方法等は、広報や新聞チラシ、町ホームページ等でお知らせします。

相談窓口について

●鹿追町専用コールセンター
 電話番号: 0120-229902 (フリーダイヤル)
 受付時間: 月曜日~日曜日(8:00~20:00) ※祝日を含む

●鹿追町ワクチン専用相談電話(役場保健福祉課)
 電話番号: 0156-66-1351
 受付時間: 月曜日~金曜日(9:00~17:00) ※祝日は除く

●厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
 電話番号: 0120-76-1770 (フリーダイヤル)
 受付時間: 月曜日~日曜日(9:00~21:00) ※祝日を含む

接種当日

接種会場に持っていくもの

クーポン券
切り離さずにそのまま持参してください。
予診票
1回目の予診票はクーポン券に同封しています。
ご自宅で記入の上、持参してください。

記入に迷われた箇所は、接種会場にてお尋ねください。
本人確認書類
運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、介護保険証、学生証等
その他
医療機関に指示されたものがある場合は持参してください。

接種当日の注意事項

 ・ワクチン接種は、肩の付近に行うため、当日は肩を出しやすい服装でお越しください。
 ・当日、体調不良の場合や、37.5度以上の体温がある場合は、接種を受けることができません。予約をキャンセルしていただき、また後日改めてご予約ください。

接種を受けた後の注意点

 ・ワクチンの接種を受けた後、15分以上(過去にアナフィラキシーを含む重いアレルギー症状を起こしたことがある方や、気分が悪くなったり、失神等を起こしたりしたことがある方は30分以上)、接種を受けた施設でお待ちいただき、体調に異常を感じた場合は、速やかに医師へ連絡してください。(急に起こる副反応に対応できます。)
 ・注射した部分は清潔に保つようにし、接種当日の入浴は問題ありませんが、注射した部分はこすらないようにしてください。
 ・当日の激しい運動は控えてください。

副反応について

主な副反応は、注射した部分の痛み、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。また、まれに起こる重大な副反応として、ショックやアナフィラキシーがあります。なお、本ワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります。接種後に気になる症状を認めた場合は、接種医又はかかりつけ医に相談しましょう。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めてまれではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

その他

住民票所在地以外での接種を希望する場合

原則として、住民票所在地の市町村(住所地)で接種を受けていただきます。
しかし、以下の「やむを得ない事情があり、住民票所在地以外での接種が認められる場合」に該当する方は、住民票所在地以外で接種することができます。
なお、住民票所在地以外で接種する場合は、原則、接種を受ける市町村に事前に届け出をし、「住所地外接種届出済証」を発行してもらう必要があります。接種券(クーポン券)は、住民票所在地が発行しているものを取り寄せてください。
やむを得ない事情があり、住民票所在地以外での接種が認められる場合(接種を受ける時点において、現にその状態にある方に限ります)
接種を受ける市町村へ届け出が「必要」
・出産のために里帰りをしている妊産婦
・単身赴任者
・遠隔地へ下宿している学生
・ドメスティック
・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
・その他、市町村長がやむを得ない事情があると認める者
接種を受ける市町村に届け出が「不要」
・優先接種の対象となる医療従事者等や高齢者施設等の従事者
・入院、入所者
・基礎疾患を持つ方が主治医の下で接種する場合
・災害による被害にあった者
・拘留又は留置されている者、受刑者
・住所地外接種者であって、市町村に対し申請を行うことが困難である者

住所地外接種届出済証の交付

申請の方法
住所地外接種を希望する方は、原則接種を行う市町村に事前に届出を行ってください。具体的な申請方法等は以下のとおりです。
1.郵送申請
住所地外接種者は、「住所地外接種届け」を記載し、接種券の写し(コピー等)及び切手を貼った返信用封筒を添付して郵送してください。
市町村は、記載内容を確認し、住所地外接種届出済証を郵送により交付します。
2.窓口申請
住所地外接種者は、接種を受ける医療機関所在地の市町村の窓口に「住所地外接種届け」及び「接種券(又は接種券の写し)」を提出してください。
市町村は、内容を確認し、住所地外接種届出済証を申請者に交付します。
3.WEB申請
住所地外接種者は、厚労省が設けるWEBサイト上で、接種を希望する医療機関等の所在地の市町村に対し住所地外接種届けを提出してください。
申請内容に基づき、市町村は住所地外接種届出済証を申請者にWEBサイト上で交付します。


このページの情報に関するお問い合わせ先
保健福祉課 健康推進係(トリムセンター内)TEL:0156-66-1311   FAX:0156-66-1818