2月7日は「北方領土の日」です

企画財政課

歯舞群島・色丹島・国後島・択捉島の一日も早い返還実現を!

戦後、未解決であった領土問題の内、奄美群島、小笠原諸島、そして沖縄が祖国に復帰したものの、北方領土すなわち歯舞群島、色丹島、国後島および択捉島の北方四島は、祖国復帰が未だ実現しておらず、終戦当時北方四島に住んでいた17,291人の島民は、領土復帰問題が未解決のため生まれ故郷に帰ることもできない状況にあります。

北海道では、一日でも早い返還の実現を目指して2月7日を中心とした1カ月間(1月21日〜2月20日)を「北方領土の日特別啓発月間」と定めています。期間中、道や市町村、関係団体において全道各地で多くの催しが予定されていますので、この機会に北方領土問題に対する関心と理解をさらに深め、北方領土返還要求運動の一層の推進にご協力ください。

北方領土の日

1855年2月7日(旧暦では安政元年12月21日)、伊豆の下田において結ばれた「日魯通好条約」により、日露両国の間に国境が定められ、択捉島などの北方四島を日本の領土として初めて国際的にも明確にされました。その歴史的な意義と平和的な外交交渉によって領土の返還を求める運動の趣旨から、この日を「北方領土の日」として、1981年(昭和56年)1月6日の閣議で決定されました。

北方領土返還要求運動のシンボルの花「千島桜」

このページの情報に関するお問い合わせ先
企画財政課 広報広聴係TEL:0156-66-4032FAX:0156-66-1020