新型コロナウィルスの対応について

災害情報

町民の皆様へ

 「新型コロナウイルス感染症」は、知事の「緊急事態宣言」により道内での爆発的な感染は防げたと考えていますが終息に向かっているとは言えず、東京都など大都市では急速な感染拡大が進み、依然として気を抜けない状況となっています。
 鹿追町では「鹿追町新型コロナウイルス対策本部」において、関係機関からの情報収集のうえ、必要な対策について検討し、総合的に推進しており、ホームページなどにより随時情報発信も行っております。
今後も公共施設の一部休館や行事の中止・延期などで、町民の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解をいただきますようお願いいたします。
 引き続き感染拡大を防ぐ重要な時期が続きますので、「人混みを避ける」「こまめな手洗い」「咳エチケット」など、感染症対策の励行をお願いいたします。
 発熱など症状がある方は、無理をせず自宅で体調を整えてください。発熱が続く、倦怠感、呼吸困難がある場合は、まずは「帰国者・接触者相談センター」(帯広保健所)にご相談ください。
 今後も、国・道・関係機関との連携のもと、事態の推移を見極めながら感染を防ぐ取り組みを行ってまいりますので、町民皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 
鹿追町新型コロナウイルス対策本部
本部長 鹿追町長 喜 井 知 己
 
≪鹿追町で対策・対応について≫
 北海道において新型コロナウィルスに関する緊急事態宣言が出されたことにより本町でも「鹿追町新型コロナウィルス対策本部」を設置し、3月30日8:30より開催した第5回会議の結果、以下のように対応することとなりました。
 今後も本部を中心に、情報収集と必要な対策について対応することをお知らせします。

≪町立病院について≫
 当面の間、入院患者のご家族を含めたすべての面会を禁止しています。
 診察は通常通りおこなっています。

≪鹿追町立学校児童・生徒の保護者の皆様へ≫
 新年度の学校再開について
 2月27日から春休みと合わせて行ってきた休業措置ですが、町内の全ての小中学校において新年度から学校を再開することを決定しました。しかし、現在の状況は終息どころか、感染は拡大の一途をたどっております。
 再開後に感染症の発症が見られた場合には、安全を確保するために次の基準で臨時休校を判断します。
 感染予防についても引き続き取組みをお願いします。


『臨時休校基準』
 ◯児童、生徒、教職員のうち1名が発症した場合=対象学級を閉鎖(14日間)
 ◯児童、生徒、教職員のうち2名以上が発症した場合=休校(14日間)
上記を基準としますが、期間や対象範囲は発症時に保健所と相談して決定することとなります。また、情勢の変化によっては発症者の有無に関わらず、臨時休校となる場合があります。

『お願い』
  • 必ず毎朝の検温の実施をお願いします。
  • 感染症の疑いのある時や、感染が心配な時は無理をせず休ませて下さい。
  • マスクの着用をお願いします。
  • 根拠のない噂をもとに、いじめや差別を生むことは絶対にやめましょう。
 

≪休館・休業・営業時間を短縮している施設等≫ ※順不同

0403sisetu

≪中止、内容を変更した行事、イベント≫ ※日にち順

しかりべつ湖コタンについて

しかりべつ湖コタンは3月22日でクローズとなりました。
3月の公開は、時間限定の見学のみという形になり、しかりべつ湖コタンを楽しみにしていた
皆様には残念な思いをさせてしまいましたが、来期もまたよろしくお願いしたします。
 


4月3日 15:00現在


北海道のホームページに掲載される情報もご確認ください。
 
このページの情報に関するお問い合わせ先
総務課 総務係TEL:0156-66-2311FAX:0156-66-1020