新型コロナウイルス感染症の対応について

災害情報

【 目次 】
〈支援・相談〉
〈予防・対策〉
〈施設・行事〉

町内における新型コロナウイルス感染状況について

町内における感染状況について、下記3点を基準とし関係機関と協議、調整がなされたものを掲載しています。

(1)北海道により居住地が鹿追町と公表された
  ⇒現在ありません

(2)町内の事業所自らが公表した
  ⇒下記に記載しています

(3)町職員または町所管施設で感染者が確認された
  ⇒現在ありません

●十勝農業共済組合鹿追家畜診療所
 1月20日(水) 職員1名感染確認
 同所内全職員PCR検査を実施した結果、全員の陰性を確認。
 1月24日(日) 通常業務再開
 
 詳細情報は、事業所のホームページをご覧ください。
●感染された方、施設の利用者、関係者に対する不当な扱いや嫌がらせ、差別、偏見、誹謗中傷がなされることがないよう、ご理解とご配慮をお願いいたします。

支援・相談

● 新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

 新型コロナウイルス感染症の広がりにより、全国的に誤解や偏見による、感染者や医療関係者、その家族や職場などへの誹謗中傷などが増加しています。
 新型コロナウイルス感染症は、誰にでも感染リスクがあり、差別や偏見、いじめなど、心ない行動は許されることではありません。
 人権侵害につながることのないよう、国や自治体が提供している正しい情報に基づき、冷静な行動をお願いいたします。

● 鹿追町のみなさまへの各種支援策まとめ

 新型コロナウイルス感染症の拡大により影響を受けている鹿追町のみなさまへの各種支援策をご紹介します。
以下のPDFファイルよりご確認ください。

● 商工業者の皆さまへの支援について

 商工業者の皆様への支援については、以下のリンクよりご案内しております。

● 新型コロナウイルス感染症の受診目安や相談窓口などについて

 新型コロナウイルス感染症の受診目安や相談窓口などについて、
下記のページに掲載いたしましたのでご確認ください。

予防・対策

● 予防対策について

 手洗い と、集団感染の要因となる 「3つの密」 を避ける取組をお願いします。

●「新しい生活様式」実践例

 感染症拡大防止のため、長期的に「新しい生活様式」へ移行していく必要があります。

●「新北海道スタイル」

 国が示した「新しい生活様式」の北海道内での実践に向け、取り組む内容です。
鹿追町は「7つの習慣化」に取り組みます
「新北海道スタイル」安心宣言

● 十勝総合振興局からの注意喚起について

 十勝総合振興局では、5月8日、「札幌市医療非常事態宣言」及び「まん延防止等重点措置」を踏まえ、全道での感染再拡大の防止のため、引き続き対策に取り組むことをお知らせしています。
 詳細については以下のPDFをご確認ください。

● 北海道 道民の皆様へのお願い

 北海道は、「札幌市医療非常事態宣言」を踏まえ、道民の皆様へ、これまで取り組んできた対策の再徹底についてご理解とご協力をお願いしています。( 5/9(日) ~ 5/31(月) )

【外出の場面】
 ・札幌市内における不要不急の外出自粛
 ・札幌市との不要不急の往来自粛
 ・不要不急の都道府県間の移動、特に緊急事態措置区域との往来は厳に控える
 (※)外出自粛などの行動制限が要請されている地域
     山形県、宮城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、長野県、
     愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、徳島県、愛媛県、沖縄県

【飲食の場面】
 ・午後8時以降、飲食店等にみだりに出入りしない
 ・感染防止対策の徹底や営業時間短縮に応じていない飲食店等の利用を控える
 ・路上・公園等における集団での飲酒など、感染リスクが高い行動を控える
 ・できる限り同居していない方との飲食を控える
医療従事者からの緊急メッセージ
 4月27日、「医療従事者からの緊急メッセージ」として、北海道知事・札幌市長・医療関係団体から共同のメッセージが発出されました。
 詳しくは以下のPDFをご確認ください。

● 北海道 6月末迄のイベント等開催制限について

 道では、イベント等の開催制限・感染防止策について、当面6月末まで下記の取り扱いをすることとしています。

 【前提】イベント主催者・施設管理者の双方において
     ・「業種別ガイドライン」による必要な感染防止策を担保していること
     ・感染防止の取組が公表されていること

 【1】 大声での歓声等が想定されないイベント(クラシックコンサート等)
     ⇒ 収容人数が1万人超の場合:「収容率50%以下」
       収容人数が1万人以下の場合:「5,000人(収容率100%)以下」
 【2】 大声での歓声等が想定されるイベント(ロック・ポップコンサート等)
     ⇒ 「収容率50%以下(十分な間隔を確保)」

※ 詳細については、北海道のホームページよりご確認ください。

●「北海道コロナ通知システム」について

 「北海道コロナ通知システム」は、不特定多数の方が利用する施設やイベント等において、新型コロナウイルスの感染拡大を防止することを目的とした北海道の取り組みです。
 多くの人が出入りする施設やイベント等で新型コロナウイルスの感染者が発生した際に、当該施設やイベントの利用者・参加者にメールで知らせる仕組みで、次のような流れで運用されます。

  1)主催者・事業者等は、施設やイベント会場の入口や飲食店のテーブル等にQRコードを掲出します。
  2)利用者は、訪れた施設(会場)でQRコードをスマートフォンで読み取り、メールアドレスを登録します。
  3)同じ日に訪れた人から感染者が出た場合に、北海道から通知が届きます。

 なお、通知メールには、いつどの施設で感染者が出たのかは記載されません。
 また、 道では、事業者等にQRコードを作成するように呼びかけています。
 詳しくは下記のリンクよりご確認ください。

● 厚労省 新型コロナウイルス接触確認アプリについて

 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して、新型コロナウイルス感染症接触確認アプリ(COCOA:COVID-19 Contact-Confirming Application)を開発しました。ご自身のスマートフォンにインストールして、感染拡大を防止しましょう。
 アプリの詳細については以下のPDFもしくは厚生労働省のHPをご確認ください。

● 業種ごとの感染拡大防止ガイドライン

 令和2年5月4日に改訂された「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(新型コロナウイルス感染症対策本部決定)等により、各関係団体等は、業種や施設の種別毎にガイドラインを作成するなど、自主的な感染予防のための取組を進めることとされました。各関係団体等が作成したガイドラインは以下のリンクよりご確認ください。

● 新型コロナウイルス感染症対策の普及啓発について

 道では、感染症に関する基礎的な知識や予防方法などに関して、分かりやすく解説した資料を作成しています。感染防止の参考に、また、セミナーや研修会など、様々な場面でご活用ください。

北海道のホームページに掲載される情報もご確認ください。
 

施設・行事

● 町立病院について

外来診察について
発熱のある患者様については、一般患者様と別場所で診療していますので、あらかじめ電話連絡をいただけますと対応がスムーズになります。来院時は必ずマスクを着用くださるようお願いいたします。

 ・ 息苦しさや強いだるさ、高熱などの強い症状がある場合
 ・ 高齢者など重症化しやすい人で発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状がある場合

これらに当てはまる場合は、受診の前に 帰国者・接触者相談センター「帯広保健所」
電話 0155-26-9084 に連絡し指示を受けてください。
入院患者面会について
国民健康保険病院から新型コロナウイルス感染症などに対する入院患者面会制限についてお知らせいたします。

令和2年7月1日(水)より、面会制限を一部解除する予定でしたが、
6月30日(火)に十勝管内において、4人目の「新型コロナウイルス感染者」が発生したため、急きょ取り止めることとなりました。

患者さまを感染症から守るためにも、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

なお、今まで実施しておりました「オンライン面会」につきましては、7月以降も引き続き実施することといたします。
 

● 観光・飲食関係の各施設の対応について

 町内観光施設などの対応状況を、下のリンクでご案内しています。
ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

● 公共施設等の開館等情報 ※順不同

このページの情報に関するお問い合わせ先
総務課 総務係TEL:0156-66-2311FAX:0156-66-1020