資源ごみの出し方と注意事項

缶類

水洗いして、排出してください。
アルミ缶、スチール缶は一緒の袋でかまいません。
スプレー缶は必ず中身を使い切り、穴を開けずに排出してください。

新聞紙、雑誌

新聞紙類、糊付け本、ホチキス本に分けてひもで縛るか袋に入れて出してください。(ひもはビニールでもプラスチックでもよい)
チラシ、ポスターなどは新聞紙に挟んで排出してください。

ダンボール

折りたたんでひもで縛ってください。

ペットボトル

ふた(キャップ)とラベルを外し、中をすすいで出してください。
※キャップとラベルはプラスチック製容器包装です。

紙パック

牛乳、ジュースなど中が白いものは、水洗いして切り開き、乾燥させひもで縛るか袋に入れて出してください。

びん類

ふた(キャップ)を外し、中をすすいで出してください。
(キャップはマークに従い分別してください)

プラスチック製容器包装

・プラマークのついているもの。
・汚れている場合は洗って出してください。
(容器包装以外のプラスチック製品は埋立ごみです)

紙製容器包装

紙マークのついているもの、紙箱、カップ類など

乾電池

※ボタン電池、充電式電池は販売店へ出してください。

蛍光管

・購入時の箱に入れて出してください。
・箱が無い場合は新聞紙などにくるみ「蛍光管」と表示して出してください。

シュレッダー紙

※特殊な紙(カーボン紙、感熱紙、シール、シールの台紙、アルミ箔紙、写真など)は混ぜないでください。

小型金属類

・フライパン・鍋などの金属製調理器具や、ハサミ・針金・オイル缶なども対象となります
・袋に入れて排出してください
・大きいものは大型ごみとして排出するか、ひまわりセンターへ直接搬入してください

小型家電製品

小型家電リサイクル法の施行により対象品目が拡大しています
<主な対象品目>
・パソコン(モニター(CRT・液晶含む))
・携帯電話・PHS端末・電話機
・FAX
・ラジオ
・デジタルカメラ
・ビデオカメラ・カメラ・ビデオ
・レコーダ等録画・再生装置・オーディオプレイヤー
・イヤホン等音響装置
・USBメモリ等補助記憶装置
・ゲーム機・カーナビ
・ETCユニット等カー用品
・電子書籍端末・電子辞書・電卓
・電子血圧計・電子体温計
・ヘアドライヤー
・電動歯ブラシ等理容機器
・時計・懐中電灯
・これらの付属品(リモコン・ケーブル・ACアダプタ等)
・その他45リットルの袋に入る家電リサイクル対象外家電製品

※袋に入れて排出してください
※パソコンは他のものと別にして排出してください

モバイルバッテリー、ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池

令和4年4月1日から回収対象になりました。
マークを確認して絶縁処理を行い、役場町民課またはひまわりセンターへ搬入してください。

グロー、プルーム以外の電子(加熱式)たばこ本体

令和4年4月1日から回収対象になりました。
グロー、プルームでないことを確認して、付属品やブリスター類を取り除き役場町民課またはひまわりセンターへ搬入してください。

※グロー、プルームにつきましては一般社団法人日本たばこ協会が指定したお店で回収していますので下記のリンクからご確認ください。
小型家電製品排出の際の注意点
  • パソコン等の小型家電に内蔵されているバッテリーは取り外して排出ください。(バッテリーは別で排出。)
  • プリンターはインクカートリッジを取り外し排出ください。(インクカートリッジは販売店の回収ボックスに排出。)
  • 電子レンジ、トースター、炊飯器等はターンテーブルや釜(燃やさないごみ)、残飯(生ごみ)等を取り除いて排出ください。
  • 掃除機(ロボット掃除機含む)のごみは取り除き排出ください。
  • 家電リサイクル品(テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、エアコン)は排出できませんので、販売店でリサイクル料金と収集運搬費を払い引き取ってもらってください。

古着

図書館に設置しています資源ごみ回収BOXで古着(下記参照)を回収していますのでご利用ください。
回収できるもの回収できないもの
Tシャツ、ズボン、スカート、ジャージ、スーツ、パジャマ、ポロシャツ、肌着、水着、タオル、バスタオル、スカーフ、シーツ、毛布、ベビー服全般、ぬいぐるみ下着、ネクタイ、くつ下、ハンカチ、手袋、風呂敷、スキーウェア、着物、浴衣、ビニール製品(雨がっぱ等)、たんぜん、はんてん、ダウンコート、絨毯、カーペット、枕、座布団・クッション、布団、マット類、カーテン類、皮革製品、はぎれ、汚れているもの
このページの情報に関するお問い合わせ先
町民課 住民生活係TEL:0156-66-4031FAX:0156-66-1020