トップページ > まちづくり > 政策・計画 > 各種宣言 > 鹿追町環境美化宣言 > 鹿追町環境保全センター > 鹿追町環境保全センターバイオガスプラント

鹿追町環境保全センターバイオガスプラント

バイオガスプラント視察ご希望の方へ

バイオガスプラントとは

バイオガスプラントは家畜ふん尿や生ゴミといった再生可能エネルギーの一つであるバイオマスを嫌気性の微生物が分解することで発生するバイオガスを製造・収集する施設です。バイオガスはメタン60%、二酸化炭素40%と水分、わずかな硫化水素を含んでいます。バイオガスは燃料として利用し、電気や温水、蒸気などの熱エネルギーを施設内で使用する他に、余剰分の電力は売電しています。

 

国内最大規模の資源循環型バイオガスプラント

~環境に配慮した循環型農業の中心施設~

パンフレット 表紙[PDFファイル:142KB]|中身[PDFファイル:756KB]|裏表紙[PDFファイル:416KB]

国内最大規模の資源循環型バイオガスプラント

ポイント1100kWと200kWのコージェネ発電機2基により発電、電気はプラント内で利用する他、余った電力は売電しています。

ポイント2メタン発酵後の消化液は良質な有機質肥料として町内の畑や牧草地に散布されます。

ポイント3【ガス精製】バイオガスは精製圧縮することで、メタンガス用の燃焼機器が使用可能になり、用途が大きく広がります。鹿追町では温室ハウス、バイオマス自動車、一般ガス器具での使用を通して調査・研究を行っています。

ポイント4【ハウス熱利用】ガス発電機のコージェネレーション及びガス温水ボイラーから得られた熱エネルギーを活用して冬期間の作物栽培試験を実施しています。

 

 

鹿追町環境保全センター バイオガスプラントの特徴

1)国内最大の家畜ふん尿処理施設

一日の計画処理量は94.8tで、成牛換算で1,300頭が排出するふん尿量に相当します。

2)エネルギー製造

一日の発電量は約4,500kWh/日であり、一般家庭450戸分の電気使用量に相当します。

3)温室効果ガス削減

カーボンニュートラルであるバイオガスを化石燃料の代替として使用することでCO2をはじめとする温室効果ガスが削減されます。

4)肥料製造

嫌気性発酵後の消化液は高品質の有機質肥料であり。年間約3万tが酪農家、耕農家のほ場に還元され、鹿追町の生産基盤を支えています。

 

バイオガスプラント施設概要
発酵方式 嫌気性発酵(中温式)
原料 乳牛ふん尿85.8t/日
敷料等4.0t/日
車両洗浄水5.0t/日
処理能力 94.8t/日
主要設備 発酵槽・ガスホルダー・貯留槽・ガス発電機等
建設費 834,750千円
カーボンニュートラルカーボンニュートラル
バイオガスは化石燃料とは異なり、燃やしても大気中の二酸化炭素は増加しません。これはカーボンニュートラルという考え方で、牛ふん尿などのバイオマス資源に含まれる炭素は、もともと大気中の二酸化炭素を植物が呼吸・吸収したものなので、燃焼等により二酸化炭素が発生しても、大気中の二酸化炭素の量は変わらないのです。

バイオガスの生産状況

安定したバイオガスプラントの稼働状況

バイオガスプラントの目的の一つはエネルギー生産です。現在はプラントの稼動に必要となる電気及び熱をコ-ジェネレーションシステムによってガスから変換して得ています。また、余剰となった電力は系統連系装置を介して電気事業者に販売しています。発酵槽の加温に必要な熱は、発電機の廃熱を回収して得られる温水によって得ています。2009年度のバイオガス発生量は1日あたり3,036㎥、原料となるふん尿投入量は実績値が81.0t/日と計画量の94.8t/日に対し85.4%となっているものの、ふん尿1tあたりのバイオガス発生量は当初計画の34㎥を上回る37.5㎥となっています。

バイオガスプラントの稼動状況(2009年度)
原料投入量(日平均) 81.0t/日
バイオガス生産量(日平均) 3,036.4㎥/日
平均メタン濃度 57.8%
平均発電量 4,584.0kWh/日
平均売電量 2,383.5kWh/日

 

バイオガスプラント処理能力

項目 内容
原料の種類と量 乳牛ふん尿・その他 計画処理量 94.8t/日
発酵方式 中温発酵 発酵温度 38℃
主要施設 原料槽 コンクリート製、長方形 250㎥×2基
発酵槽1 コンクリート製、長方形 400㎥×4基
発酵槽2 コンクリート製、円柱形 800㎥×2基
殺菌槽 コンクリート製、長方形 100㎥×2基
消化液貯留槽 グラスライニング鋼板製、円柱形
6.231㎥×2基、11,477㎥×1基
ガスホルダ 250㎥×2基
主要機器 原料槽 プロペラ式攪拌機15kW×6台、
油圧式ピストンポンプ3.7kW×2台
発酵槽1 パドル式攪拌機3.7kW×4台、
スクリュー式移送ポンプ3kW×2台
発酵槽2 パドル式攪拌機3.7kW×2台、
プロペラ式攪拌機5.5kW×2台、
スクリュー式移送ポンプ3kW×2台
殺菌槽 プロペラ式攪拌機5.5kW×2台、
スクリュー式移送ポンプ3kW×1台
消化液貯留槽 プロペラ式攪拌機11kW×7台、
くみ上げポンプ7.5kW×4台
バイオガス利用機器 発電機 発電機(ガス専焼タイプ)
108kWh×1基、200kWh×1基
温水ボイラ 温水ボイラー 100,000kcal×3基
蒸気ボイラ 蒸気ボイラー 1,000kg/h×1基
余剰ガス燃焼装置 100㎥/h×1基
脱硫方式 生物式脱硫、乾式脱硫 生物式脱硫;発酵槽2上部に併設
乾式脱硫;活性炭を使用

 

【お問い合わせ窓口】
鹿追町役場 農業振興課 環境保全センター係 電話番号:0156-66-4035